【9月18日(火)】飲食経営研究会~飲食店のためのM&Aの活用法 ≪新規出店、店舗売却、新業態進出の具体的事例と、店舗価値をあげる方法≫~

お申込み受付は終了いたしました

20180918カバー画像

M&Aには主要な4つの形態、「株式譲渡」「合併」「事業譲渡」「新株引受」があり、上手く活用することによって店舗数の増加や低コストで新規の事業に乗り出す「多角化」が可能など様々なメリットがあることをご存知でしょうか?
飲食店の皆様は関係ないと思われるかもしれませんが、M&Aが活発である現在、事業を継続、拡大する上で非常に有効な手法になっています。
また自店舗を売却することで、次のビジネスの軍資金にしたり隠居することも上手く行けば可能です。
いったいどのような場合にM&Aが有効なのでしょうか?
今回は、実際のM&Aの事例を交えつつ、そのメリットについてお伝えします!

※ コンサルタント、専門家の方のご参加はご遠慮願います。

【この研究会で学べること】
・M&Aによる事業拡大方法がわかる
・M&Aや手法・メリットが学べる
・M&Aにより高く売却するためのポイントがわかる

【こんな方はぜひご参加ください】
・後継者不在でお困りの方
・M&Aによる事業拡大をお考えの方
・今後お店をどうしていくか悩まれてる方

【参加対象者】
・飲食関係経営者様
・飲食店従業員様
・飲食店開業予定者様

【講師】
上村さん
上村 知行
株式会社MJS M&Aパートナーズ
チーフアドバイザー

中小企業のM&Aアドバイザリー業務に従事。主な成約案件は飲食業、介護事業、不動産関連、旅館、小売販売業など15件。現在関与している案件は、医療及び調剤、IT、鉄鋼加工 など業種や規模に関わらず事業承継の案件を主に担当。 

【定員】
30名
※定員になり次第締め切らせていただきます。

【日程】
2018年9月18日 (火)

【時間】
研究会 15:00 ~ 18:00 ※受付14:30~
※研究会終了後にドリンクと軽いおつまみをご用意した、無料の懇親会を実施します。
途中退席可能な気軽な会です。ぜひ奮ってご参加ください。

【場所】
トリプルグッドセミナールーム
大阪市北区大淀中1-1-30 梅田スカイビルタワーウエスト9F

【コーディネーター】
トリプルグッドグループ
トリプルグッド税理士法人は飲食業界に特化した部門を有しています。
トリプルグッド社会保険労務士法人、トリプルグッド司法書士事務所、トリプルグッド行政書士法人、トリプルグッド法律事務所など、さまざまな専門家と連携し、専門的な事案に対してもワンストップでのサービスが提供できます。
2014年2月、世界的調査機関、Great Place To Work(R)Institute社主催「『働きがいのある会社』ランキング」、従業員99名以下の企業部門で、日本第1位。
また、2014年2月、一般社団法人会計事務所甲子園主催、「第1回会計事務所甲子園」決勝大会で日本一の会計事務所となりました。

【参加料金】
研究会:2,000円
※当日は名刺交換を行います。多めに名刺をご持参ください。

【お申し込み】
下記フォームより、お申込みください。