業態別F/Lコストの実例

こんにちは。フードビジネスチームの里です。
飲食店の経費の大半を占めるのが、原価(FOOD)と人件費(LABOR)です。この2つを合わせたものをF/Lコスト(エフエルコスト)といいます。

通常、F/Lコストを売上の60%以内に収めないと利益が出ません。飲食店の経営には、F/Lコスト以外に家賃や光熱費・広告費・消耗品費・借入利息など他の経費合計を30%程度に抑え、10%以上利益を出すのが理想です。ですのでF/Lコストが60%以内で抑えることが重要なんですね。55%まで抑えることができれば理想です。

昨今では原価率60%という業態もありますが、これは少し特殊なケースです。
もしF/Lコストが60%以上あるのであれば利益がでにくい体質です。改善の必要があります。但し、人件費と原価の割合は業種(何を提供するか)・業態(どう提供するか)によって大きく違いますので、原価は何%で人件費は何%がベストという決まった答えはありません。

例えば、料亭等の高級店はサービスが手厚い分、人件比率が高くなったり、低価格の居酒屋などは、リーズナブルな価格で料理を提供する分、原価の割合が高くなる場合もあります。この様に、FとLの比率は業種・業態や何を売りとしているか等によって大きく異なりますので、経費を削る場合には、FとLのバランスを自店の業種・業態に合わせる注意が必要です。自店の業態や売りを把握し、それを考慮しながらF/Lコスト60%以下を目標にしてみて下さい。 画像は、年商5千万円未満の小規模飲食店舗の実際の業態別F/Lコストの事例です。飲食店は年商5千万円未満の店舗が多いので、この規模で計算してみました。この人件費には役員報酬が含まれていませんので、役員報酬を仮に売上高の10%としますと、このF/Lコストに10%を乗せた率が役員報酬を含めたF/Lコストになります。理想値である60%を超えてしまっている数値になっていることがお分かりいただけると思います。是非、自店の数値と比較してみてくださいね。

flcost

Copyright © 2013 TripleGood Network All Rights Reserved.